様々なかつらの種類

女性「ウィッグ」と一口に言ってもそのデザインは非常にバラエティが豊かで、それに伴い価格もかなりピンキリになっています。それこそ五万円以下で購入できるお求めやすい価格のものから、数十万円する高価なものまで色々です。最近のウィッグではお湯で洗えることや抗菌・防臭加工がしてあるかどうかなども人気の要因となっており、収縮性がしっかりとあるものが好まれる傾向があります。もちろん自然な質感でなければいけませんし、速乾性があるものなども人気です。全体的にやはり形状保持力の高いものが扱いやすく人気があるようです。

もちろん一般的な既製品よりもより自然さやフィット感、自分の好みなどをバッチリにしたい場合はオーダーメードのウィッグを作るという方法もあります。髪は女の命というくらいですので、高価であっても素敵なオーダーメードウィッグを製作する女性の方も多いのではないでしょうか。気分を変えるためのオシャレアイテムとしてそこまで高価なものを購入する人は少ないかもしれませんが、病気や事故が原因で脱毛に悩んでいる方の場合は自分の気持ちを高めるためにも質の高いオーダーメードウィッグが自分の気持ちを支えてくれるものともなると思います。

かつらの需要

女性「かつら」という言い方をすると男性が使うものというイメージがあるかもしれませんが、「ウィッグ」という呼び名だと女性がつけるもので、オシャレなイメージになるかもしれません。実際にファッションの一つとしてウィッグをいくつも持っているという女性も多くいますし、女性用のかつらのマーケットというものはどんどんとイメージを変えてきている傾向があります。男性のように薄毛に悩んでかつらを用いるというよりもファッションアイテムとしての役割が強いように感じます。

一方で病気や治療の副作用としての脱毛に悩んでおり、女性用ウィッグを調達したいと考えている人もいらっしゃいます。そのように副作用のためにかつら、ウィッグを着用する人にとっては女性用ウィッグのバラエティの豊かさやオシャレ度のアップは嬉しい要素ではないでしょうか。男性の場合は育毛や発毛に関する情報を欲している方が多いと思いますし、世の男性たちの間でかつらを使用しようというアイデアはあまりなくなってきているかもしれません。

それでかつら市場、ウィッグのマーケットでは現在女性用、医療用のものが業界を牽引するものとなっており、市販品であればネット通販でも購入できるようになっているので、ウィッグ購入や使用に対するハードルは以前よりも下がってきていると言えるでしょう。特に医療用かつらに関しては通常のウィッグなどよりも微妙に目的や事情が違ってくるので専門業者が作製しています。